校長先生のはなし

¥ 1,870

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト

    全国一律 300円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 520円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

かつて、学校の卒業記念レコードというものがあったのだそうです。
昭和の終わりに生まれた舎員にとってはそんなものがあったのか、ということだけでも驚きですが、昭和30年代後半以降、こうしたレコードは本当にたくさん発行されたそうです。

レコードにおさめられているのは、校歌、学園祭などの記録、そして、校長先生による卒業生へのはなむけの言葉。
本書は、昭和30年代から60年代までの校長先生のお話を年代順に並べたもの。
そこには、子どもたちを社会へ送りだす先生たちが伝えようとした「生きる心構え」と「気力」、そして「昭和のなんでもない暮らし」とその変化が浮かび上がります。
一話ずつ大切に読みたい一冊。


〈新刊本〉
発行:リクロ舎 / 122×186mm / 150ページ / 発売:2018.3 初版 / ソフトカバー / 函入り

ショップの評価

  • 私の考える骨董

    私の考える骨董

  • おまかせ文庫 3冊セット

    おまかせ文庫 3冊セット

    自分で好きな本を選ぶのも良いですが、キーワードをお伝えして選んでいただくのはとても新鮮でワクワクしました!3冊中、2冊は知っている作家さんでしたが初めて見る本なので、読むのもとても楽しみです。ブックカバーも可愛く、ハガキも嬉しかったです。封筒&段ボールもツボでした(笑)素敵な機会をありがとうございました!