ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集

¥ 1,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト

    全国一律 300円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 520円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

小学生の「きみ」のちょっとした、けれど真剣な「なぜ?」に詩でこたえる「ぼく」。
各章に2編ほど詩が紹介されます。
「きみ」と「ぼく」の関係がすこしずつ明らかになる物語もなんだかちょっとスリリング。
高野文子さんのイラストもすてきです。

作品の中に登場する詩
1.「あの」藤富保男/「か」藤富保男 2.「うしろで何か」松井啓子/「じゃがいものそうだん」石原吉郎 3.「まつおかさんの家」辻征夫/「人生が1時間だとしたら」高階杞一 4.「きりん」まど・みちお/「やくぢやま節」 5.「痛点まで」松岡政則/「ユウレイノウタ」入沢康夫 6.「ねむり」山崎るり子/「猫」萩原朔太郎 7.「海をみにゆこう」長田弘/「ナチュラル・ミネラル・ウォーター」田中庸介 8.「真夜中の蟬」中野重治/「誰かが言ったに違いない」村上昭夫 9.「『句集 無伴奏』より」岡田幸生/「崖」石垣りん 10.「大漁」金子みすゞ/「風がやむとき」井上洋子

〈新刊本〉
著者:斉藤倫・イラスト:高野文子 / 発行:福音館 / 189×131×14 / 160ページ / 発売:2019.4.10 / ハードカバー

ショップの評価

  • 私の考える骨董

    私の考える骨董

  • おまかせ文庫 3冊セット

    おまかせ文庫 3冊セット

    自分で好きな本を選ぶのも良いですが、キーワードをお伝えして選んでいただくのはとても新鮮でワクワクしました!3冊中、2冊は知っている作家さんでしたが初めて見る本なので、読むのもとても楽しみです。ブックカバーも可愛く、ハガキも嬉しかったです。封筒&段ボールもツボでした(笑)素敵な機会をありがとうございました!